※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー04

診断時:57歳
インタビュー時:58歳(2008年4月)
甲信越地方在住。観光関連会社の役員と市議を兼任して多忙な日々を送っていた2006年末、激しい腰痛で整形外科を受診したところ、MRI検査でがんが疑われ、がんセンターに紹介を受けた。当時PSA値は1,079。病期はD2で、ホルモン療法と転移部への放射線照射を受け、腰痛や全身の倦怠感は軽快し、PSA値も1以下に下がった。その後上昇の兆しが見られたため、飲み薬をやめたところ、再びPSAが下がっている。

詳しいプロフィールを見る

で、その後1ヶ月半に1回、定期検診で、その病院に向かっているんですよね。その折にも当然、そのPSA数値、測るたびにですね、全然いいんですよ。で、0コンマ幾つのときもあったり、1とか、まあ悪くても2とかね、そんなことでずうっと推移していたんですよ。これでいいのかなとずっと思ってましたよ。
で、最近、3回ほど前ですか、6ぐらいになっちゃったんですよね。そのときに、あら、いよいよなのかな、なんて思ったりね。で、今度どういう治療をしたかというと、先生のほうが、「そのホルモン剤の薬、やめましょう」と。まあ「それ(薬の影響)、まず抜くために、今までの、その薬の、そのあれを抜くためにね、とにかく薬をやめましょう」ということでね、で、次まで様子を見ましょうということで、何も飲まないで。それで、またその次に定期検診で検査して、PSA今度また下がっているんですよ。1テン幾つだったかな、2界隈だったと思うんですけどね。「あら、こういうことも先生あるんですか」って、「うん、往々にしてあることだしね」なんて、その、なぜなんだろうと、こっちは、ものすごく疑問ですからね。あまり説明をしてくれないし、で、まあ下がったからいいやっていうことでね。
で、先回、その定期検診行ったときに、そのときもまた、薬は何も飲まないんですよ。で、その3…、2回に1回、3ヶ月に1回になんのかな。その、注射をするんですね。それはこの次に、また注射するのかな。で、先回行ったときも、この0.0幾つですよ、PSA数値が。どうして…こんなんでいいのかなと思っているんですよね。いつか、あおりが来るんじゃないかななんて思いながらね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#11077 (17) { ["term_id"]=> int(79) ["name"]=> string(57) "内分泌療法(ホルモン療法と精巣摘除術)" ["slug"]=> string(7) "horumon" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(79) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(66) ["count"]=> int(27) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "5" ["cat_ID"]=> int(79) ["category_count"]=> int(27) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(57) "内分泌療法(ホルモン療法と精巣摘除術)" ["category_nicename"]=> string(7) "horumon" ["category_parent"]=> int(66) } }
同じテーマの語りを見る