※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー04

診断時:57歳
インタビュー時:58歳(2008年4月)
甲信越地方在住。観光関連会社の役員と市議を兼任して多忙な日々を送っていた2006年末、激しい腰痛で整形外科を受診したところ、MRI検査でがんが疑われ、がんセンターに紹介を受けた。当時PSA値は1,079。病期はD2で、ホルモン療法と転移部への放射線照射を受け、腰痛や全身の倦怠感は軽快し、PSA値も1以下に下がった。その後上昇の兆しが見られたため、飲み薬をやめたところ、再びPSAが下がっている。

詳しいプロフィールを見る

幸い、そのがん保険、ちょうど入ってましたから。あの、うちのやつが管理してるから、幾ら入って、どこまで使って残(ざん)がいくらあるのかとかって、全く分からないですけどね、私はね。その出掛けるときに、あのう、(ホルモン療法の)注射のお金と薬のお金と、ていうことで、じゃあ、って渡してくれますからね、その保険の中からね。だから、私の小遣いからとかじゃなくて、治療に関しては行く時々にもらっていきますから。だからそれは、まだまだ保険の中で対応してんじゃないかな。うん。

――ご自身はね、がんなんかあんまり自分に縁がないと思ってらっしゃったと思うんですけど、その入るという決断はご自身でなさったんですか?

知らないうちに入ってたもの、彼女が。で、引き落としは私の通帳からですけどね(笑)。うん。友達が結構保険屋さんとかいますから、うちのやつも、私、もともと親の商売継いだ仕事もあったんですよ。で、ここ20年前にオープンして、ずっと役員で来たっていうのがあって、それで、うちの商売は女房にもう任せっきりなんですよ。で、そういうお客さんの中でね、保険屋さんとか、いろんな人がいて、それで加入したんじゃないですか。うん。良かったですね、入っていてね。

――賢明な奥さまで。

(笑)、そうそう。入ったのを言わないでね、引き落とすだけ引き落とさせといてさ。でも・・・何があるか分からないっていうのか、こんな良いことはなかったですね、良かったですね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#11077 (17) { ["term_id"]=> int(89) ["name"]=> string(15) "経済的負担" ["slug"]=> string(6) "keizai" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(89) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(68) ["count"]=> int(17) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "1" ["cat_ID"]=> int(89) ["category_count"]=> int(17) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(15) "経済的負担" ["category_nicename"]=> string(6) "keizai" ["category_parent"]=> int(68) } }
同じテーマの語りを見る