※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー04

診断時:57歳
インタビュー時:58歳(2008年4月)
甲信越地方在住。観光関連会社の役員と市議を兼任して多忙な日々を送っていた2006年末、激しい腰痛で整形外科を受診したところ、MRI検査でがんが疑われ、がんセンターに紹介を受けた。当時PSA値は1,079。病期はD2で、ホルモン療法と転移部への放射線照射を受け、腰痛や全身の倦怠感は軽快し、PSA値も1以下に下がった。その後上昇の兆しが見られたため、飲み薬をやめたところ、再びPSAが下がっている。

詳しいプロフィールを見る

まずね、検査で直接苦しいのは、さっき言った…前立腺に、見えないですけど、肛門から前立腺の部位に、その細胞をパチンと採るんですね。その一つ一つがものすごいんですよ。「ぎゃー!」って言うぐらい。それ、当然麻酔するんでしょうけど。酒、タバコ、からいもの好きだったからなのか知らないけど、あまり麻酔効かなかったみたいなんですよ。バチーンバチーンって。で、その都度、もう…何ていうんだろう。腹の中にね、ピストルを撃たれるような感じですよ、まさに。その検査自体がピストルと言うらしいからね。本当、そんな感じでしたよ。それが10個でしたからね。10個バチーン、バチーンって。5つやった後、もうあんまり苦しそうなので、看護師さんが「もう半分あるけど休みますか」と言われて「いや、休んでもまた同じこれやるんだったら、もうとにかく失神してもいいから、すぐやってくれって、終わってくれ」って言ってね、その10発が本当大変だったですね。で、もう終わった後、ぐったりしていましたからね。まあその検査の大変さ。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#11077 (17) { ["term_id"]=> int(70) ["name"]=> string(24) "診断のための検査" ["slug"]=> string(5) "kensa" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(70) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(8) ["count"]=> int(21) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "2" ["cat_ID"]=> int(70) ["category_count"]=> int(21) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(24) "診断のための検査" ["category_nicename"]=> string(5) "kensa" ["category_parent"]=> int(8) } }
同じテーマの語りを見る