※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー04

診断時:57歳
インタビュー時:58歳(2008年4月)
甲信越地方在住。観光関連会社の役員と市議を兼任して多忙な日々を送っていた2006年末、激しい腰痛で整形外科を受診したところ、MRI検査でがんが疑われ、がんセンターに紹介を受けた。当時PSA値は1,079。病期はD2で、ホルモン療法と転移部への放射線照射を受け、腰痛や全身の倦怠感は軽快し、PSA値も1以下に下がった。その後上昇の兆しが見られたため、飲み薬をやめたところ、再びPSAが下がっている。

詳しいプロフィールを見る

尿がね、まあ二日酔いなんかしたときなんか特にね、残尿感っていうか、ちょろちょろっとね、前は頻繁じゃなかったけど、あったぐらいのもんですよ。
ちょろちょろちょろちょろっていう感じですよね。長いし、切れ味がないし、ばーっとまあ出てね、ぱっと切れ味よく終われば、すっきりするっていう感じあるじゃないですか。でも、いつもいつもそうではないんですよ。まあさっきも言ったように、その無理したとか、疲れたとか、つらいとかというときに、やっぱり特になりますね、そういう症状は。まあやむを得ないかくらいで、誰でもあるだろうみたいな感じでしたよ。とりたてて、そのことで苦しんだっていうことはなかったですよ。うん、その尿に関してはね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12177 (17) { ["term_id"]=> int(9) ["name"]=> string(45) "症状のはじまりと受診のきっかけ" ["slug"]=> string(8) "hajimari" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(9) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(8) ["count"]=> int(14) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "0" ["cat_ID"]=> int(9) ["category_count"]=> int(14) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(45) "症状のはじまりと受診のきっかけ" ["category_nicename"]=> string(8) "hajimari" ["category_parent"]=> int(8) } }
同じテーマの語りを見る