※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー04

診断時:57歳
インタビュー時:58歳(2008年4月)
甲信越地方在住。観光関連会社の役員と市議を兼任して多忙な日々を送っていた2006年末、激しい腰痛で整形外科を受診したところ、MRI検査でがんが疑われ、がんセンターに紹介を受けた。当時PSA値は1,079。病期はD2で、ホルモン療法と転移部への放射線照射を受け、腰痛や全身の倦怠感は軽快し、PSA値も1以下に下がった。その後上昇の兆しが見られたため、飲み薬をやめたところ、再びPSAが下がっている。

詳しいプロフィールを見る

―― 娘さんには、どうやってお伝えになったんですか。

あのね、ずうっと言わなかったんですよ。退院して、春休み、まだあのころ、ちょうど(大学)4年生になるときだったのかな。春休みに帰ってきて、そのときに駅まで迎えに行って、で、その迎えの車の中で、「実はな」という話をしたんですよ。「まあ大丈夫だから、あと、10年は死なないから」っていう話はしましたけどね。もう、もうびっくりしたでしょうね。「そうだったんだぁ」って、「痩せたもんね、急激にねえ」なんて話もしてたけどね、うん。
それから、この春、卒業して、うん、就職したんですよ。で、娘ともう一人の友達とね、卒業旅行だっていって、3人で、沖縄行ってきたんですよ。うん、そう、沖縄に友達っていうか、いますから。あのう、まあゴルフするときは、おまえたち、あの、レンタカーで、まあその近くに、こことこことここをナビ使って行ってこいって言って、それで現地の友達とね、うん、ゴルフプレーして、で、終わったら戻りなって。それだけ別行動、あとは全部一緒で行動してました。たった2泊ですけどね、2泊3日ですけどね。大阪に勤めちゃってね、こっちに来たって、また仕事もなかったんだろうし。残念ながらこっちに帰ってこれませんでした。
いや、あらかじめ、「絶対大丈夫なんだから」っていう話を前提にしておいて、うん、それで「実は」って話ししましたから。まあ本人、内心までは分からないけど、まあ多少そうでも、結構からっとしてましたよ。うん。「まあおまえがまず、来年卒業して就職ということがあって、だからといって、おまえの人生曲げることないから、どうしてもここへ帰ってこいなんていうのは考えなくていいから」っていう話までしましたからね。うん。でも、行く行くはお父さんとお母さんの面倒見なきゃならないなんて、殊勝なこと言ってますけどね。でも、分からないですけどね。それこそ、あっという間に彼氏を連れてきて「結婚します」なんて言うかもしれない。どこか行くかもしれない。まあ、日本だったらね、どこでも、まあしょうがないなと思っていますけどね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#11077 (17) { ["term_id"]=> int(91) ["name"]=> string(36) "家族の思い、家族への思い" ["slug"]=> string(6) "kazoku" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(91) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(68) ["count"]=> int(32) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "3" ["cat_ID"]=> int(91) ["category_count"]=> int(32) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(36) "家族の思い、家族への思い" ["category_nicename"]=> string(6) "kazoku" ["category_parent"]=> int(68) } }
同じテーマの語りを見る