※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー04

診断時:57歳
インタビュー時:58歳(2008年4月)
甲信越地方在住。観光関連会社の役員と市議を兼任して多忙な日々を送っていた2006年末、激しい腰痛で整形外科を受診したところ、MRI検査でがんが疑われ、がんセンターに紹介を受けた。当時PSA値は1,079。病期はD2で、ホルモン療法と転移部への放射線照射を受け、腰痛や全身の倦怠感は軽快し、PSA値も1以下に下がった。その後上昇の兆しが見られたため、飲み薬をやめたところ、再びPSAが下がっている。

詳しいプロフィールを見る

まあ一番残念なのはね、あのう、何たって、その、機能がね、男性としての機能をシャットアウトするのが治療ですね。まあそれがまあ、人に言わせると、「かわいそうになあ」ってとしみじみ言いますけどね。別に欲しないから不自由はないよっていうことなんですね。もう、欲するのにできないとなれば、それはなんかかわいそうなんでしょうけれど、そもそもないっていうことだから。まあそれ自体がかわいそうだよって、人は言うけど。

――それはやっぱり、ホルモン剤の影響で、あの、今、欲することがあんまりないっておっしゃいましたけど、その性的なことに対しての、意欲があまり感じないっていうことですね?

そういうことでしょ。いわゆる手術っていうと、睾丸(こうがん)の機能をシャットアウトするんですね。うん、ていうことですから、それと同じ治療がホルモン投与ということらしいんですよ。ですから、男性の機能をシャットアウトするのが主流なんですね。…っていうことなんですよ。だから、当然欲しない、要するに。…ってことなんでしょう。うん。

――そのこと自体で、ご自身に対する、ほかの方はかわいそうだなんておっしゃるけど、あまり自分でそれはつらいこととは思わないですか?

ですね。もともと淡泊だったから、ひょっとしたらこの病気になったのかな、なんて思ったりしてね(笑)。それは分からないですけどね。それはこれから、そういうデータも裏付けで出てくるんじゃないですか。そういう突っ込んだ質問もしたらどうですか。「病気になる前はどうでしたか」っていうね、その項目なんかも貴重なデータかもしれないですよ。うん。実際のところ、まあ淡泊だったですね。うん、それで、この治療をして全くその、欲しない、できない、まあ当然欲しなければしようと思わなくなるから。うん、まあ女房がかわいそうかもしれないけどね、まあ分からないけど。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12177 (17) { ["term_id"]=> int(79) ["name"]=> string(57) "内分泌療法(ホルモン療法と精巣摘除術)" ["slug"]=> string(7) "horumon" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(79) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(66) ["count"]=> int(27) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "5" ["cat_ID"]=> int(79) ["category_count"]=> int(27) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(57) "内分泌療法(ホルモン療法と精巣摘除術)" ["category_nicename"]=> string(7) "horumon" ["category_parent"]=> int(66) } }
同じテーマの語りを見る