※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー04

診断時:57歳
インタビュー時:58歳(2008年4月)
甲信越地方在住。観光関連会社の役員と市議を兼任して多忙な日々を送っていた2006年末、激しい腰痛で整形外科を受診したところ、MRI検査でがんが疑われ、がんセンターに紹介を受けた。当時PSA値は1,079。病期はD2で、ホルモン療法と転移部への放射線照射を受け、腰痛や全身の倦怠感は軽快し、PSA値も1以下に下がった。その後上昇の兆しが見られたため、飲み薬をやめたところ、再びPSAが下がっている。

詳しいプロフィールを見る

―― で、帰ってこられて、奥さまに、奥さまにこう話されたわけですよね。そのときの、その最初の反応っていうのは?

彼女はショックでしたよ。の、ようでしたね。すごいショックでしたよ。あのときねえ、あのう、ずうっと会話もないって、さっき話ししましたけど、冷戦中でしたからね、女房とね。それこそ、そんなのもあって、全然話もしなかったし。で、病院に行ったの分かってたから、帰ってきて、「どうでしたか」って言うか ら、「実は、こうこうこうでって、入院で、がんだよ」って言ったらもうショックだったでしょうね。うん。で、よよと、まあ、私の目の前では泣かないにしても、人には「私が原因だったかもしれない」みたいな話はしてたらしいですよ。だってそういう、ほら、冷戦中で会話もない。うーん、食事なんかもね、まあ一応用意はするけど、ただ、どんと置いてあるだけ、帰っても。で、それを一人でわびしく食べているわけだ、夜にしてもね、まあ朝にしてもさ。まあそんな状況でしたから、そういう、私は全然そう思ってなかったけど、彼女にしてみれば、それが原因でストレスで、なんて思ったのかもしれないね。うん、そんなことが ありましたですよ。でもまあ、私以上に彼女はショックだったかもしれない。

―― そのことで改めて、やはり2人の会話が増えてきたっていうのは……。

まあ若干ですけどね。増えてきましたよ。まあ時々、またあのときの同じ状況にはなるんですけど。まあその原因はまあ分かっているんだけど、あえてここでは申し上げないですけどね(笑)

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#11078 (17) { ["term_id"]=> int(91) ["name"]=> string(36) "家族の思い、家族への思い" ["slug"]=> string(6) "kazoku" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(91) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(68) ["count"]=> int(32) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "3" ["cat_ID"]=> int(91) ["category_count"]=> int(32) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(36) "家族の思い、家族への思い" ["category_nicename"]=> string(6) "kazoku" ["category_parent"]=> int(68) } }
同じテーマの語りを見る