※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー04

診断時:57歳
インタビュー時:58歳(2008年4月)
甲信越地方在住。観光関連会社の役員と市議を兼任して多忙な日々を送っていた2006年末、激しい腰痛で整形外科を受診したところ、MRI検査でがんが疑われ、がんセンターに紹介を受けた。当時PSA値は1,079。病期はD2で、ホルモン療法と転移部への放射線照射を受け、腰痛や全身の倦怠感は軽快し、PSA値も1以下に下がった。その後上昇の兆しが見られたため、飲み薬をやめたところ、再びPSAが下がっている。

詳しいプロフィールを見る

(入院した)その3週間の間に、10回、最初の1週間は検査とか何かでして、放射線は1週間後だったんですよね、それで、1日1回、もちろん土日は休んでたから、その2週間に放射線治療を5回、1週間に5回、5回っていう形で10回したんですよね。で、腰の治療、腰に放射したんでしょうけど、とにかく上から、こう腹に部位決めて、そこにこう照射したんですよね。それが腰に当然、照射してんでしょうね。腰のほうに行ってんのかなあ、それは分からないですけど、今でも跡があるんですよ、これぐらいの。膏薬、腰に、膏薬貼った跡のような感じで黒くなってね、うん、そうそう。それを10回して。別に、した後、特別具合悪いとかなかったですよね、放射線に関してはね。何か具合悪くなるなんていう人もいるらしいけど、ただ、寝てましたからね、よくね。あのう、寝るしかないわけだ、入院中は。あと、起きるとタバコ吸いに外に出たりとかね、それだけだったですから。まああんまり本も読みたいタイプじゃなかったから、ないし。まあ、具合悪いから寝てるという、とにかく良くても悪くても寝てましたから、放射線に関して、さしたるね、あのう、治療に苦しかったとかいうことは全くなかったですね。
放射線は転移した骨に、腰骨に、そのー、がんを放射線で治療したっていうことですから、まあ進行しない程度に抑えたんじゃないですか、その放射線をね。腰に転移した骨に治療したというふうに認識しています。実際のところ、照射した場所がその一番痛んでた腰の部位だし、前立腺には放射線はしてないと思っています。したのかどうか分かんないけど、してないと思っていますよ。その前立腺の部位に関してはホルモン注射とホルモンの薬で抑えてんじゃないですか。うん。もう根本から、がん細胞を撤去したとは思ってないですね、私。うん。現にそうなんでしょうね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12177 (17) { ["term_id"]=> int(87) ["name"]=> string(33) "前立腺がんの進行と治療" ["slug"]=> string(7) "shinkou" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(87) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(67) ["count"]=> int(19) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "1" ["cat_ID"]=> int(87) ["category_count"]=> int(19) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(33) "前立腺がんの進行と治療" ["category_nicename"]=> string(7) "shinkou" ["category_parent"]=> int(67) } }
同じテーマの語りを見る