※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー04

診断時:57歳
インタビュー時:58歳(2008年4月)
甲信越地方在住。観光関連会社の役員と市議を兼任して多忙な日々を送っていた2006年末、激しい腰痛で整形外科を受診したところ、MRI検査でがんが疑われ、がんセンターに紹介を受けた。当時PSA値は1,079。病期はD2で、ホルモン療法と転移部への放射線照射を受け、腰痛や全身の倦怠感は軽快し、PSA値も1以下に下がった。その後上昇の兆しが見られたため、飲み薬をやめたところ、再びPSAが下がっている。

詳しいプロフィールを見る

やっぱり不安っていうのは絶対これはぬぐえないわけだよね。でも、考え方で、人間、いつ何があるかわからないというのはね、もともとずうっと思ってきたことだし、それこそ、追われて背負って苦しんでっていうのもね、病気じゃないにしても、人生の中で非常に苦痛でありね、何でありっていうようなこともあるわけだから。でも、なったから、ああ、こいつと仲良くしてね、えー、むしろそういう付きまとったものと並行して生きるっていうことがね、うーん、何ていうんだろう。設計描けるっていうか、えー、その中で目いっぱい動けばね、全うっていうかね、生きざま、それは何ていうんだろう、動きやすいかなっていう気はしますね。ただ、漠然と長生きするばっかりがね、まあいいのかなっていうのも感じるし、まあ病気になったことによって、えー、まあ10年と思ったんですよ。向こう10年かなと、思った部分がありますから。うん、まあそれを先生が言ったわけでもないし、10年は生きるよって言われたわけじゃないし、10年は自分で大丈夫かなって思ってるだけの話ですけどね。まあそのときまでやっぱり後悔のない生き様を描きたいなと思ったこと自体がもう違いますからね。何でもなければ、何でもないで漫然とっていう部分があるのかなって気はしましたね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#11077 (17) { ["term_id"]=> int(92) ["name"]=> string(33) "生きること、命への思い" ["slug"]=> string(6) "inochi" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(92) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(68) ["count"]=> int(26) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "4" ["cat_ID"]=> int(92) ["category_count"]=> int(26) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(33) "生きること、命への思い" ["category_nicename"]=> string(6) "inochi" ["category_parent"]=> int(68) } }
同じテーマの語りを見る