※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:36歳
インタビュー時:47歳(2008年8月)

首都圏で夫と子ども2人の4人暮らし。1996年夏、妊娠8ヶ月で右乳がんと診断される。妊娠37週になるのを待って、帝王切開と右乳房切除術+リンパ節郭清を同時に行った。その後、化学療法、ホルモン療法を行う。術後11年目2007年夏に胸骨と卵巣に転移。胸骨への放射線療法、両側卵巣切除術+大網切除を行い、現在は抗がん剤治療中。

しこりを見つけたのは、妊娠の定期検診の前の夜に実家に泊まっておりまして、やっぱりすごく暑かったんですね。で、暑くて、こうフッと触れたときに、自分でしこりが分かりました。で、しこりは、えっと、結局3.5センチの直径がありまして、硬くって、すごく嫌な感じがして、もう触ったそのときに、「あ、これはがんだろうな」っていうのがなぜか直感的に分かりました。で、もうその晩は何だか朝まで結局泣き明かしっていう感じで、まだ検査も診断も何もついてなかったんですが、なぜか触った時点で、この硬くて嫌な感じっていうので、「あ、これはがんだな」って、なぜか分かりまして。で、翌日、えー、産婦人科の先生に診てもらったら、やはり結果としてもそれでしたね、がんということで、はい。で、それからいろいろ検査したんですが、はい。自分で見つけた感じですね、なぜだか不思議に分かりましたねえ。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧