インタビュー内容テキスト

それで、その(自宅近くの)病院で、放射線治療をするときに、その設備がないから、大学病院に転院を勧められたんですが、その大学病院がとても遠いものですから、もっと近くにがんセンターがあるんですね。で、がんセンターのほうに転院したくって、カルテとかたくさん持って、紹介状書いていただいて、がんセンターのほうに行ったんですが、がんセンターのほう、患者さんがとにかくたくさんいて、「放射線にしても、手術にしても、すぐはできない」って言われてしまったんですね。で、1ヶ月半か、もっと2ヶ月とか待つことになりますけれども、だから、待つって言われたら、治療は何もできない。
で、ただ、待つだけなんですけれども、「それでもいいならがんセンターで受け入れますよ」って言われたんですが。
もう今すぐにでもここの、転移のところ治療を始めたかったのに、1ヶ月半か、2ヶ月待つなんていうのは、もうとても考えられませんでしたから、本当はがんセンターのほうが近かったんですが、そこあきらめまして。遠かったんですが、大学病院のほうで放射線をやっていただくことにしました。遠かったんですけれども、元気でしたので、どこにも体の痛いところは、具合の悪いところはありませんでしたから。ただ、ここが骨がシクシク痛むような感じがあって、痛みがあって、やっぱり不安も大きくなりますから、それぐらいでしたので、まあ遠かったですけれども、帰りにお買い物したり、いろんな知らないお店をのぞいたりして、お買い物気分で何か毎回遠足気分で楽しく通院してましたね(笑)、放射線は。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言