※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー26

診断時:36歳
インタビュー時:47歳(2008年8月)
首都圏で夫と子ども2人の4人暮らし。1996年夏、妊娠8ヶ月で右乳がんと診断される。妊娠37週になるのを待って、帝王切開と右乳房切除術+リンパ節郭清を同時に行った。その後、化学療法、ホルモン療法を行う。術後11年目2007年夏に胸骨と卵巣に転移。胸骨への放射線療法、両側卵巣切除術+大網切除を行い、現在は抗がん剤治療中。

詳しいプロフィールを見る

がんになるとお金がかかるんだ、治療に大変になるんだっていうのは、保険会社のコマーシャルとかでよく見ますけど、去年までは、それは感じたことがなかったんですね。ええ、最初の治療のときとか、今まで、去年までは感じたことがなかったんですが、再発が分かって、再発の検査、それから再発の治療が始まってから、月8万円ですとか、それから、放射線治療するたびに1万円、2万円って、毎日こう払って、放射線毎日でしたから、本当に治療費のことは大変です、はい。
「いつまで治療を続ければいいんですか?」っていうふうに聞いたときに、大学病院の先生が、「あの、終わりがないです」って言われたときに、やっぱり(笑)かなりショックでしたね。いや、死ぬまで治療するんだっていうのが、やはり、実質そういう治療になっていくんだと思いますけれども、やはり再発したら治療に終わりがないっていうのはショックでしたね。
そして、終わりがないっていうことに加えて、あの、毎月それだけの出費をこれからもずうっと続けていくんだっていうことで、不安になりますね。で、お金のことも不安になった。まあ「抗がん剤をいつまで続けるんですか」っていうことは、先日お聞きしたときも、「取りあえず再発してから1年間で。1年間取りあえずやりましょう」っていうことで、抗がん剤が1年間終われば、まあその分の治療費は少し少なくなるのかなと思うんですが、これから先、子どもの学費とかのことが、とても心配になります。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12191 (17) { ["term_id"]=> int(35) ["name"]=> string(15) "経済的負担" ["slug"]=> string(6) "keizai" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(35) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(12) ["count"]=> int(18) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "2" ["cat_ID"]=> int(35) ["category_count"]=> int(18) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(15) "経済的負担" ["category_nicename"]=> string(6) "keizai" ["category_parent"]=> int(12) } }
同じテーマの語りを見る