※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:62歳
インタビュー時:64歳(2008年8月)

北陸地方在住。2006年9月に右乳がんの診断を受けた。術前抗がん剤治療の後、右乳房温存術+リンパ節郭清、術後放射線療法を受け、現在ホルモン療法中。 乳がん発症当時は、母親と息子と3人暮らし。広告関係の仕事に加え、複数のNPO活動に携わっており、治療中もスケジュール調整しながら、継続した。

やっぱり、手術をしたり、それから治療のために、現在、やっている、その仕事とか活動とかを、そのストップさせなきゃいけない。その、何かね、こう好機をちょっと見計らっていきましょうという気持ちが一番強かったですね。で、次から次と、割と、NPO活動の、リーダー的立場になってやってきていたので、次々に、その計画が持ち上がってきたり、それから、私自身が外せないという状況にあって。それで、一つ終わってから、これが終わってからと思っていると、また次が、「あ、じゃ、これが終わってから」という、次のその区切り区切りを、こう思い計っているうちに、1カ月2カ月があっという間に過ぎてしまったっていう感じでした。で、まあ、自分の気持ちの中にも、一番、最初発見したときは、ほんとに、多分、その時点で検査に行っても、分かるか分からないかぐらいの、ほんとに小さな、小豆よりも小さいくらいの小さな、くりっとした玉を、こう意識した状態だったので、それが、まあ、「まだ大丈夫、小豆大」、「ああ、お豆くらいになってきたかな」と、「大豆ぐらいになってきたかな」というので(笑)。で、それを、超えた時点で、大豆を超えた時点で、「あ、これはもう、これ以上は、もうほんとに命とりになる」と、「リンパから、その他へ転移する可能性がある。そこまで、いったらおしまいだ」っていう思いで、「これは何がなんでも」っていうことで、行ったということです、はい。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧