インタビュー内容テキスト

後半の4クールは、むくみが出てきました。座われないくらいですね。足のむくみ、足先だけではなくて、足の付け根からもうむくみが、ぱんぱんになってきて、歩くときに、こう股ずれがするって言いますね。それくらいに、むくんできまして、で、正座がもちろんできません。で、座るときも足を投げ出して座るというくらいで、むくみに苦労しました。靴もいつも履いていた靴は入らなくて、この靴だぶだぶで捨てようかしらと思っていた靴がたまたま1足あって、助かったわっていう。その靴を履いて過ごしました。
一番、私にとって、今、ダメージが大きいのは、むくみです。足のむくみ、「副作用で、時には、手足にむくみやしびれがきますよ」っていうことはお聞きしていて、そして、ほんとに、最後の最後に、むくみと、それからしびれが、「ああ、来たわ」っていう感じであったんですね。で、それは、化学療法を終了すると同時に、副作用も消えていくはずなんですが、それから、もう1年経っていますけれども、微妙な、しびれは、手足に、ときどき感じます。で、足の、指の付け根あたりですね、この辺が何となくころんとした感じの感触です。足の裏がちょっと、やっぱりむくんでいるというか、指がむくんでいる。そんな感じが残っています。もちろん、朝は、比較的軽い。そして、夜になると、それは、ひどくなると。夜寝るときは、足の下に、ちょっと、座布団を置いて、足を高くして寝るのが、今、日常になっています。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言