インタビュー内容テキスト

いくつかの、その活動グループがありましたので。二つか三つですね。日常的に、集まったり、それからいろんな活動をしている三つぐらいのグループの人たちには言いました。それぞれですね、やっぱり、「身近に、いたよ」とか、それから「まあ、気をつけなね」とか、「あまり無理しちゃ駄目よ」っていう、そういう、言葉はいっぱいかけていただいて。で、やっぱり、そのグループの方々の中でも、中心的に、いつも関わっている人たちには、通じているけれど、その他の人たちまでは広がっていないと思います。で、中心的にいつも、関わっている人たちには、やっぱり、話をして、で、理解もしてもらったり、それから、了解もしてもらったりということが必要なので話をしました。
 あとは、そうですね、日常的に、そんなに、お世話になっていない、関わっていない方々には、「たまたま、ここんところ、ちょっと調子が悪いのよ」とかいうことで、了解をいただくという場合もありましたし、いつも、関わっている人たちには、やっぱり、打ち明けて、そして、まあ、いろいろと気を遣ってくださるので、それも、助かりますし、はい。それから、本を持ってきてくれた人もいました。「こんな本があるんだけど、もし暇だったら、ちょっと読んでみてね」って言って、持ってきてくれた人もいましたし、それから、「友達にもこんな人がいて、彼女のブログも、見るといろいろ分かるよ」って言って紹介してくれた人もいましたし、まあ、それなりに、皆さんいろいろと、話をして気にかけてくれたり。それから、ちょっとしんどいときに、夜の会合、予定していたけれども、急にやっぱり、「ああ、今日は何となく出たくないなあ」みたいな、「えー、外も、ちょっと、今日は、冷え込んできたし」みたいな、そんなときは、「ごめん」って言って、急に、ドタキャンでお電話するときにも、「ああ、いいよ、いいよ」って言ってくれたり、そんなことがあって、とても、皆さんに、理解をしてもらいながら。で、手術のあとも、そうですね、「ほんとにもう大丈夫なの?」って、言いながら、それなりに気を遣ってくださったりするので、やっぱり、身近に、いる方には、打ち明けたほうがいいなと思います。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言