※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:62歳
インタビュー時:64歳(2008年8月)

北陸地方在住。2006年9月に右乳がんの診断を受けた。術前抗がん剤治療の後、右乳房温存術+リンパ節郭清、術後放射線療法を受け、現在ホルモン療法中。 乳がん発症当時は、母親と息子と3人暮らし。広告関係の仕事に加え、複数のNPO活動に携わっており、治療中もスケジュール調整しながら、継続した。

で、最終的に、行ったのは、8月の末ぐらいですか。もう、これで限界だなって、その頃には、やはり、1月に自分で、くりくりを感じたときよりも、もう、明らかに大きくなっていました。で、これ以上大きくすると、こう初期ではなくなるということで、もう限界だと思って、何が何でも、行こうと思って、9月の最初に病院へ行きました。
で、病院を、選ぶときですね、母がやはり、まあ、その頃には、認知症が少しずつ、進んできまして、で、食事の支度をしておくだけではなくて、やはり、こう、ちゃんとお膳に、整えて、で、「さあ、食べなさい」ってこう、箸をつけて、目の前に持っていかないと、自分で冷蔵庫にあるから取り出して食べるっていうこともできなくなっていました。で、そんな状況だったので、できるだけ、家に近い病院で、で、しかも、乳がんの専門医がいらっしゃる、ということで、病院を選びました。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧