※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:62歳
インタビュー時:64歳(2008年8月)

北陸地方在住。2006年9月に右乳がんの診断を受けた。術前抗がん剤治療の後、右乳房温存術+リンパ節郭清、術後放射線療法を受け、現在ホルモン療法中。 乳がん発症当時は、母親と息子と3人暮らし。広告関係の仕事に加え、複数のNPO活動に携わっており、治療中もスケジュール調整しながら、継続した。

で、私の場合は、半年以上も自分で、「あ、そうかな? きっとそうだな」というふうに、ずっと思ってきましたので、で、ほとんど、自分では確信的に、こう思っていました。全く、その、痛みも何もないしこりが、徐々に大きくなっているっていう、それを、自分で、ずっとお風呂に入るたんびに、「ああ、行かなくちゃ、ああ、少し大きくなったな、ああ、3ヶ月前に比べると、これは明らかに大きくなっているな、きっとそうに違いない」と、そういうことはずっと思い続けてきていましたので(笑)、先生から、「がんですね」というふうに、聞いたときには、「ああ、やっぱり、そうか」というただそれだけでした。で、その後の、むしろ治療することによって、日常生活が、どれくらい、ダメージを受けるのか。何とか、今のその日常生活ですね。仕事その他のことを、続けながら、ちゃんとやっていけるだろうか。そのことが気になりました。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧