※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:65歳
インタビュー時:66歳(2008年9月)

首都圏在住。定年退職後の夫と2人暮らしの専業主婦。息子と娘がいる。 2007年夏、検診で異常が見つかり、精密検査の結果、右乳がんと診断された。乳房温存手術+リンパ節郭清を受け、術後は化学療法、放射線療法を行った。現在は経過観察中。

私の場合はいきなり、「がんだぞ」って言われたわけではなくて、「がんかもしれない」という近くの病院の、それも、マンモグラフィの検査も非常に古い形のレントゲンで撮っていただいたようなものですし、(乳腺の)専門医ではなく、婦人科の先生が診てくださって、「マンモ(乳房)のがんかもしれない」っていうふうなことで。そして、その当時、タレントさんなんかが、がんになって、いろいろテレビで話題にもなっていましたし、私が読んだ本なんかでも、それほど、がんは進行が遅いから、そんなに慌てて医者にすぐさまで駆け付けるっていうふうなふうには思っていなかったんです。
そして、だんだん、最初の教授のお話でも、その、非浸潤がんだろうという、エコーも、正常でしたし、そんなに自分でも大変なことだとは思ってなくて、段階を経て、段々がんだっていうふうに分かってきたので、それも今はそのがんと言っても治るというほうが、私の頭には強かったので、それほどショックはなかったですね。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧