※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:65歳
インタビュー時:66歳(2008年9月)

首都圏在住。定年退職後の夫と2人暮らしの専業主婦。息子と娘がいる。 2007年夏、検診で異常が見つかり、精密検査の結果、右乳がんと診断された。乳房温存手術+リンパ節郭清を受け、術後は化学療法、放射線療法を行った。現在は経過観察中。

自治体の乳がん検診の募集がありましたので、今まで、その、2年に一度無料であるというのはよく知っていたんですけれど、私の場合は婦人科の手術を受けていましたので、乳がんにはかからないと思っていまして、それで全く無関心だったんです。
それは、でも、とても思い違いでして、太ると脂肪が乳がんの原因の一つのホルモンに変化するそうなんですね。それで、私は50代のころは基準の体重、標準体重よりも5キロから10キロぐらい常にオーバーのやや肥満体だと思うんですけど、だったんです。で、まあ思い当たる原因はそれぐらいかな、ということなんですけれど。それで、たまたまちょっと近くの病院で検査が受けられましたので、全く気楽に予約をしてマンモグラフィ検査を受けました。それが6月半ばですね。そして、1週間後に写真を見ながら説明を受けたんですが、右の乳首の少し上に1円玉ぐらいの丸い点々とした影がありまして、その辺は、以前から少し自分でも厚みがあるなという感じがしてたんですけれど、いわゆるコロコロと手に触れるというような感じではなかったのです。それで、そこの先生が「乳がんを疑うから、精密検査を受けるように」と言われて、今、通っている大学病院への紹介状を書いていただきました。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧