インタビュー内容テキスト

そして、やっと放射線が始まったのは、5月の2日ごろです。放射線の医師は30代の女の先生で、何となくホッとしました。そして、書類を見ながら、放射線の種類とか、どのぐらいかけるとかいうのを説明していただきました。 放射線は全体的に、2グレイを週に5回を25回、合計50グレイですね。で、その後、手術した跡、切った跡ですね、その上にまーるく電子線というのを5グレイを5回、あ、5グレイじゃないですね、どうなんでしょう? 10グレイですね、5回。エックス線が50と、それから電子線が10グレイです。それで、うわさに聞いておりました(照射位置の)書き込みなんですが、私の図柄はアルファベットでEという字でした。それは、放射線をかける範囲を示すものなので、「こすったり、薄くなっても書き足さないように」と注意を受けました。で、その治療(を受ける人)の顔の…人まちがいをしないように、顔写真と図柄の写真を撮って、毎回見て、私も確認して受けました。 放射線の照射は、手を上に上げて上向きに寝て数分間です。ここは何も苦痛もなくできまして、放射線の副作用は1週目ぐらいから、少し赤くなって、徐々に深く熱を持ってきまして、それでも、そんなにひどい感じではなく、5週目ぐらいで脇の下がこすれるとこが少しヒリヒリ痛くなったので、やっと塗り薬を頂いたぐらいです。で、2ヶ月検診のときには、まだ少し赤く腫れてはいましたけれど、皮膚の状態もきれいになっていました。ただ、熱はちょっと触ると熱いので、それは汗腺が働かなくなったので、熱がこもるからだということなんですね。それから、まあ肌が乾燥しているのでクリームを塗るようにと、これから寒い季節には温めたほうがいいと言われてます。確かに触ると汗をかいてないですね。まあ熱いんですけれども、中が冷たいという感じがします。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言