インタビュー内容テキスト

私がもう30年以上、スイミングクラブに入って、大して泳げるわけじゃ…泳ぎとか、形なんかは下手なんですけれども、長く続けてきておりますので、楽には泳げていました、今までも。ですけど、この1年間水に入ってなかったし、最初は大丈夫かなと思って行ったんですけれど、最初プールに入ったら、何かくらくらっていう気持ちがしました。けれど、もうその辺は、やはり泳ぎ出しというのは、慣れていましたから、徐々に徐々に、最初は歩き、水中ウォーキングから始めまして。その水中ウォーキングというのは、これは膝とか、腰とか、悪い人にはとてもいいというふうに、私の行っているクラブでも高齢者がいっぱいやっております。
 私の場合は足の裏がしびれて、普通のとこをサッサと歩くのは、かなりしびれているなあと思いながら歩いているんですけれど、水中ですと、それほど抵抗なく歩けました。泳ぐのは最初25メートル行くかなと思ったんですけれど、何かもう思いのほかにたどり着きまして。それで私の場合、特に右の腕が動かしたり、リハビリをしたいというので、フォームも気を付けて、左右対称になるようにやって。それで、だんだん200メートル、500メートル、1キロぐらいまで泳げるようになりました。友達にも形を見てもらいましたけれど、左右対称に動いてるっていうように言われて。えー、バックはどうかなと思ったんですけれど、何とかバックも泳げますし。やはり水中ですと、抵抗が、普通の地上で動かすよりも動かしやすいなと思って、やはりこれは一番合っているかなと思っています。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言