※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:65歳
インタビュー時:66歳(2008年9月)

首都圏在住。定年退職後の夫と2人暮らしの専業主婦。息子と娘がいる。 2007年夏、検診で異常が見つかり、精密検査の結果、右乳がんと診断された。乳房温存手術+リンパ節郭清を受け、術後は化学療法、放射線療法を行った。現在は経過観察中。

最初のマンモトームの検査を聞きに行くときは、「家族もご一緒に」と言われてたんですが、私は1人で行ったんです。それは、待合室で、いつもその深刻な顔をした家族連れを見ていまして、何かこれは重病な、重大な病気だという雰囲気がありまして、そういう一員になりたくなかったんですね。それで、私は結果、1人で行ったんですけれど。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧