※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:50歳
インタビュー時:63歳(2008年2月)

首都圏在住。1994年12月に両側乳がんと診断され、翌年1月に両側乳房切除術、術後抗がん剤治療を受けた。以後、外来にて経過を観察しながら、現在に至る。夫婦2人暮らし。診断された当時はパートで仕事をしていた。

二女が22、長女が24か、まあそのくらいで、まあ大学生でしたので、もう子どもも大きい。自分も50歳になってた。だから、ここまでもう自分にとって、今、例えばこれからおっぱいが要る人とかではないし、これから子どもを産む人でもないし、子どもも育っているし、自分はまあ親としての役目も終わっているから、ある意味では、(乳がんで乳房切除することも)「怖くないわ」っていう気もあって。でも、ある意味では、あの、娘2人っていうのは遺伝的なものがありますね、乳がんっていうのは。娘にとってお母さんが乳がんになったっていうことは、自分にも乳がんになる危険性がすごくあるわけじゃないですか。だから、それがすごく不安だろうと思いましたので、これであの子たちを不安にさせたり、あの子たちが今まだ20代前半でそんなになっちゃったら、やっぱりかわいそうだし、大変だろうと思うから、私が元気でいて、大丈夫な、もう元気な姿で行くことが子どもたちにとっても、一番だなっていう気持ちがすごくあったんで。それこそ、どなたかのご本で、『乳がん死ゼロの日』って、乳がんでは死にたくないと。乳がんで、私は死なないっていう気持ちがすごく強くて、で、1月9日の手術に挑みましたね。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧