インタビュー内容テキスト

あるとき、ある下着さんのメーカーで、そういう人専門のそういう、あの、下着をね、作るっていうところが、やってくださったところがあって。申し込むと、行って、いつも個室で。別に値段が高いわけじゃないんだけど、体に合ったものを出してくれたり、中のパットとかも体に合ったものをすごく親切に、あれは多分、あの、採算とか、そういうのは別にしてやってくださっているんだと思うんですね。そこはすごく、「ああ、ありがたい。いい会社ね」って思って。まず、行ったのがそこですね、ブラジャー作るとこですね。行ったですね。
ブラジャーのことは、あの、病院ですね、退院する前に病院から、「こういうところにありますよ」って、教えていただいて。そこにお電話して、そこに訪ねてって、行きました。で、あと2~3、別のところもあるらしいんですけど、私はそこの1つのところで、ずっといまだに。でも、最近は、少し慣れてきたもので、あの、一般のブラジャーのパット、袋のあるブラジャーで、一般の軽いものを入れたりもしてますけども。最初はずっとそこでお世話になりました。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言