インタビュー内容テキスト

たまたま私が、やっぱりちょっと、皮膚科の先生で――精神的にちょっと参っているときに、全然畑違いなんだけど、やっぱりその先生が――この先生がいいなと思ったのは、畑違いのことを相談に行ったときに、「あー、あなた、眠れないでしょう。よく眠れるようにお薬飲んで寝なさい」って言ってくださった先生がいたんです。
で、その先生をまあ好きでね。何か別に全然関係ないんだけど行っている先生がいて、たまたま顔にちょっとこう湿疹ができて、お薬をもらいに行ったときに――あの術後ですね――行ったときに、「先生、実はあしたから、あの、抗がん剤の療法が始まるんです」って、「実は手術したんですよ」って言ったら、「ああ、知らなかった」って。で、その先生がたまたま自分(患者)の尿からの何?…何ですかね、何かの成分を何か転写して、水に入れて垂らして飲むと何とかいうふうになる(笑)…「情報水」っていうんですかね。何かそんなのをね、「ああ、これ、僕、研究したのあるから」って。で、それは月に5,000円だって、もう安いし。もう何しろ、私はその先生をものすごく信頼してましたから、「はあ」とか言って。
それで、それが1年くらい、1年半ぐらいでしたか、自分で、こう何だかスポイトに入れて、ポチャンとお水に入れて、そのお水を飲むっていうのは飲んでましたね。で、それがいいんだか悪いんだか分かんないけど、うん。あとは、あとはお薬、そういうほかのサプリメントは一切飲んでないですね。はい。それが1年半ぐらい。ええ、まあ、それを飲んで、まあ何しろ免疫力を高めなきゃ…免疫力を高めなきゃというか、気功とこれで免疫力だわと思って、それの力にはなってもらっていますね、はい。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言