※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:50歳
インタビュー時:63歳(2008年2月)

首都圏在住。1994年12月に両側乳がんと診断され、翌年1月に両側乳房切除術、術後抗がん剤治療を受けた。以後、外来にて経過を観察しながら、現在に至る。夫婦2人暮らし。診断された当時はパートで仕事をしていた。

――腕が上がりにくい時期があったというふうにおっしゃられましたが、それはどのぐらいで、今はいかがでしょうか?

あ、今もね、昔と同じ…完全ではないですけれども、もうかなり、あの、普通に上がります。腕が上がんないのは、本当に最初はもうこのくらいですね。それから、だんだんだんだん、あの、壁伝いに、あ、1センチ上がったわ、1センチ上がったわっていう感じで(実際に左手を動かしてみながら)、やっていますけども、今は、ほとんど大丈夫です。はい。ただ、あの、腕が上がらない時期っていうのは、こうリンパを取ったりしているから、こう、むくむんですね、すごくこう手を下げていると。で、歩いていても、こうむくむとやっぱり横になりたいとか、だから、こういうところでもこう、ひじ掛けにするとか、何しろ手を上げていないとつらいという時期がすごくありましたね。まあ多分半年くらいだと思いますね。はい。
その後、私の場合は50肩と一緒になっちゃったのか知らないんですけども、まあ犬の散歩もありましたからね、引っ張られるから。あの、すごい肩、右肩がすごい、あの、痛くなっちゃって。あの、それはでも1年くらいかかりましたけれども、まあそれも自然に治ってきました。はい。だから、大抵の方が、あの、みんなその腕が、あの、むくむとか痛いとかっていうことは経験されていると思いますけれども。それも、あの、やっぱり徐々に治ってくるし、あの、自分なりの体操とか、まあお医者さんの体操とかしてれば、だんだん治ってくるので、本当に同じ状況に使えるようになるっていうのはウソじゃないなとすごく実感していますね。はい。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧