インタビュー内容テキスト

――今は手術後の痛みというのは、もう何にもそういうのはない?

あ、もう今はないですね。最初は、痛いとか、まあ、最初は、あのちょっとガーッとやって、ジュクジュク、縫った後がジュクジュクしちゃったりとか。後はずっと、皆さん、そうだと思うけど、鉄板をこう、体にいつも張り付けているみたいに、何か鉄の板にいつも巻かれてるのみたいな、そういう感じはいつもしてたんですけど。まあ最近は、ちょっとこの辺に、「あら、まだブラジャーしてたかな?」って思うんだけど、「あら、してないわ」っていうくらいの感じはあるんですけど、特別な違和感はないですね。
ただ、本当にこう、きれいに。この、何だろう、よくこんなにきれいに取れるもんだなと思うくらいに、骨の上に皮が張り付いているような感じなので。背中のほうがだんだん中年になって、肉が出てくるのに、普通はブラジャーすると、その肉を前にこう押せるのに、ここで絶対に、その遮断されるんですね、不思議と。この皮、この皮はこの肉を絶対にもう入れないっていう感じなんですね。だから、えー、どうしても、これは入れてくれないんだって。ああ、脂肪がもう絶対付かない感じですね。うん。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言