※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー03

診断時:50歳
インタビュー時:63歳(2008年2月)
首都圏在住。1994年12月に両側乳がんと診断され、翌年1月に両側乳房切除術、術後抗がん剤治療を受けた。以後、外来にて経過を観察しながら、現在に至る。夫婦2人暮らし。診断された当時はパートで仕事をしていた。

詳しいプロフィールを見る

それで、まああの、中には胸がないわけだから、まあお風呂入るときに見るとゾッと、もう体を見たらちょっとびっくりする体ですけど。それによって自分が、これが女じゃなくなったわとか、そういうことが、まあ家族も、主人はもちろんだけど、誰もそういうことを言わないし、自分も思わなかったことがまたすごい幸せで。中には、そのことでショックで、もううつになっちゃっている方も、友人でもいたんですけども、まあ彼女の場合は再生(再建)手術? あの、作る…? あの、だんなさんは、「何もそんなことしないでいい」って言ったけど、自分がそのそれじゃ、何か気持ちが弾んで生きていけないっていうんで再生をなさった方もあります。まあ、それはそれで、あの、いいと思います。彼女はそれで幸せになった。ただ、私はこう何か付けちゃうと、「もう一回何かあったときに、こう検査しにくいかな」と思って、「もうこの素でいいわ」っていう。だから、それは全然思わなかったことも幸せの1つですね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12189 (17) { ["term_id"]=> int(25) ["name"]=> string(15) "乳房再建術" ["slug"]=> string(6) "saiken" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(25) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(10) ["count"]=> int(24) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "5" ["cat_ID"]=> int(25) ["category_count"]=> int(24) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(15) "乳房再建術" ["category_nicename"]=> string(6) "saiken" ["category_parent"]=> int(10) } }
同じテーマの語りを見る