インタビュー内容テキスト

――(筋腫で)子宮そのものを取るっていうことには、あんまり抵抗はなかったんですか?

ええ。それももう2人、子どもを産んでますし。まあこのねえ、産んで終わって、もうなくなっても別にいいわって思って。そしたら、でも、手術をした後に上の子が来て、「ああ、お母さん、私が入っていたのがなくなっちゃったのね」って、子どものほうが言いました(笑)。そんなこと考えたことないのに、「ああ、お母さんのとこにいたのがなくなっちゃったんだ」って、「へえ、そんなことを思うのかな」と思いましたけどね。
それで、まあ子宮を取って、胸取ってといったら、ある人がね。もう傷つかないんですよ。ある人が、「あなた、それじゃあ、女だっていうものが何もないじゃない」って言われて(笑)。「ああ、それもそうね」って(笑)。まあそういう言われて、傷つく人もいるかもしれないけど、「確かに子宮がないわ、胸がないわじゃ、女の部分は何かしら」って思うけど。まあ幸い何か性格が幸い?「うん、そうそう」っていうくらいで何も思わなかったけど。でも、人によってはねえ、子宮がなくなったり、そのなくなって、だんなさんとか、周りが女じゃないみたいな態度で、それが原因で別れるとかっていう人もある場合もあるでしょう。まあそれは、自分もそういう性格じゃなかったし、まあ主人も、そういう性格じゃないから、すごく幸いしたと思いますね。うん。「ないから何なの?」っていう感じでね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言