※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:50歳
インタビュー時:63歳(2008年2月)

首都圏在住。1994年12月に両側乳がんと診断され、翌年1月に両側乳房切除術、術後抗がん剤治療を受けた。以後、外来にて経過を観察しながら、現在に至る。夫婦2人暮らし。診断された当時はパートで仕事をしていた。

そのときに、先生に初めてお会いしたんですけども、そのときの先生のこう表情とか目とか、まあすごくこう自分にピンときたんですね。「ああ、この先生にやっていただきたいな」って思って。その前にちょっと、(子宮)筋腫の手術を何年か前にしたときに、ちょっと医師との疎通がうまくいかなくって、術後等もちょっと悲しい思いをしたことがあったので、病院とかお医者さん(選び)っていうのは自分にとって、すごい慎重だったんですね。
それで、そのときに、その先生の、(検査結果を)診て、「ああ、僕だったらこういう手術をしますけども、僕は。この乳がんは10年診なきゃいけないから」っていう言葉を言ったときに、「あっ、この先生は10年診てくれるつもりなんだわ」って、そのときに思いましてね。それで、「ああ、この先生に、分かんないけど任せましょう」って。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧