※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:50歳
インタビュー時:63歳(2008年2月)

首都圏在住。1994年12月に両側乳がんと診断され、翌年1月に両側乳房切除術、術後抗がん剤治療を受けた。以後、外来にて経過を観察しながら、現在に至る。夫婦2人暮らし。診断された当時はパートで仕事をしていた。

あの、私の場合は、こう、いろんな本を読むと、その、麻酔が覚めたらすごい痛みで苦しんだ人とかって、あの、本に書いてあるんですよね。痛み。麻酔が終わったらとても痛いとかって。まあ、筋腫の手術の後のほうが痛かったですけどね。ああ、もう覚悟していたんですね。「これが終わったら、もううんと苦しんで痛いんだわ」って思っていたら、何か全然こう、痛みが、あの、うまい麻酔、何かやってくださったのか知らないけど、あんまり痛みも感じないで、一晩。
で、もう、翌日のお昼ぐらいにして、(手術が)7時間ぐらいかかったらしいんですけども、で、翌日にはもうお昼には「もう自分で歩いてベッドの病室に戻ってください」って言うから、「えっ、どうやって歩くの?」っていうくらいなんですけど、もう、よたよたしながら病室に戻されまして。それで、まあ1ヶ月くらいは入院しました。途中でちょっと、こう入れている管からちょっとあの、ばい菌が入ったらしくて、熱が出たりって、まあちょっとトラブルはありましたけど、でもその先生のおかげで、まあ無事に退院しました。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧