インタビュー内容テキスト

あの、私の場合は、こう、いろんな本を読むと、その、麻酔が覚めたらすごい痛みで苦しんだ人とかって、あの、本に書いてあるんですよね。痛み。麻酔が終わったらとても痛いとかって。まあ、筋腫の手術の後のほうが痛かったですけどね。ああ、もう覚悟していたんですね。「これが終わったら、もううんと苦しんで痛いんだわ」って思っていたら、何か全然こう、痛みが、あの、うまい麻酔、何かやってくださったのか知らないけど、あんまり痛みも感じないで、一晩。
で、もう、翌日のお昼ぐらいにして、(手術が)7時間ぐらいかかったらしいんですけども、で、翌日にはもうお昼には「もう自分で歩いてベッドの病室に戻ってください」って言うから、「えっ、どうやって歩くの?」っていうくらいなんですけど、もう、よたよたしながら病室に戻されまして。それで、まあ1ヶ月くらいは入院しました。途中でちょっと、こう入れている管からちょっとあの、ばい菌が入ったらしくて、熱が出たりって、まあちょっとトラブルはありましたけど、でもその先生のおかげで、まあ無事に退院しました。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言