※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:55歳
インタビュー時:55歳(2008年5月)

東海地方在住。2007年11月に健康診断がきっかけで、左乳がんの診断を受け、乳房温存療法+センチネルリンパ節生検、翌年1月より、抗がん剤治療を6クール受けた。今後、放射線療法とホルモン療法の予定。夫と2人暮らし。結婚した娘が2人いる。診断時は無職。

たまたま主人と私が同じような病気だったから、人生の中で一番甘えられる時期に、お互い甘えれないというのは、ちょっとショックだーと思って、うん、それはちょっと感じましたね。もう何か、お姫様のように私はしてもらえたはずなのに、何かお互い小間使いみたいになってしまってるから、それが、お互い助け合うところもあるんだけども、助け合いというのは、何というのかな、大事大事にしてもらえる助け合いじゃなくって、同志のように、闘う同志みたいになっちゃってるから、うん、そこら辺がね、ちょっと。だから、入院したからといって、もう、その、毎日お見舞いに来てとか、そういう気にもなれないし、もともとお見舞いに来てくれるのは好きじゃないからいいんですけど。そういう何というの、冷たいとか、来てくれないから冷たいとかそういうのじゃなくって、「お互い大変だね」っていう感じがちょっとあったんですけど。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧