※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:55歳
インタビュー時:55歳(2008年5月)

東海地方在住。2007年11月に健康診断がきっかけで、左乳がんの診断を受け、乳房温存療法+センチネルリンパ節生検、翌年1月より、抗がん剤治療を6クール受けた。今後、放射線療法とホルモン療法の予定。夫と2人暮らし。結婚した娘が2人いる。診断時は無職。

だけど、今の人たちっていうのは、みんなある程度知識があるから、変にパニクったりとか、それから変に騒ぎ立てするとか、そういうことというのは、私たちの家族だけなのかもしれないけど、あんまりないっていうか。確かに、向こうの方の親戚もいろいろ病気している人もいるから、そういうときにも、その対処の仕方というのは、私たちの考え方とよく似てるのかもしれないけど、まあ、気持ちが分かる。だから、何ていうのかな、お互い、触れなくてもいいところまでは触れない。でも、ちゃんと、優しいところはちゃんと見せるとか、そういうところはやっぱり、ちゃんとできる人たちであったから、まあ、良かったかなというので。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧