※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー11

診断時:55歳
インタビュー時:55歳(2008年5月)
東海地方在住。2007年11月に健康診断がきっかけで、左乳がんの診断を受け、乳房温存療法+センチネルリンパ節生検、翌年1月より、抗がん剤治療を6クール受けた。今後、放射線療法とホルモン療法の予定。夫と2人暮らし。結婚した娘が2人いる。診断時は無職。

詳しいプロフィールを見る

その後は、ホルモン療法をするかしないかというのは、一応何か「ホルモン療法しますよ」とは聞いているんですけど、あまり完全にホルモン療法が効くっていうあれじゃないもので、少し先生にもう一度説明を聞いたり、それから、他のところの一応ちょっと聞けるところがあったら一回聞いてきて、まあ抗がん剤でかなり体が弱ってて、もし、全然散らばってないのに、こんなに何かつらい思いをするのが、やっぱり、ホルモンだって結局は薬で、ホルモン療法したときには、子宮頸がんかな、体がんのほうかな、なんかのリスクが高いとか、まあ読んでるから、そこまでやる必要性は今あるのかなって自分の中では迷ってて、そこら辺はおいおい調べたり。まあ、薬だから、飲むのをやめれば済むことだし。それは自分の中でまだ決めれない。まあ、先生とよく話をするのと。かといって、ただ、嫌だっていうふうに言っちゃうだけでは、単なる治療としては確立できないから、ほかの人たちの話とか、自分の体に合うとか、まあ納得するまで、もうここへ来たらもう納得するまで、放射線まではもう絶対に、もう温存した場合は放射線するのはもう決まりだから。で、決まってることは、もうもちろんやらないといけないから、あと、ホルモン療法になってきたら、そこら辺はどうかなと思ったり。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#11089 (17) { ["term_id"]=> int(29) ["name"]=> string(18) "ホルモン療法" ["slug"]=> string(7) "horumon" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(29) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(10) ["count"]=> int(15) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "9" ["cat_ID"]=> int(29) ["category_count"]=> int(15) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(18) "ホルモン療法" ["category_nicename"]=> string(7) "horumon" ["category_parent"]=> int(10) } }
同じテーマの語りを見る