※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー11

診断時:55歳
インタビュー時:55歳(2008年5月)
東海地方在住。2007年11月に健康診断がきっかけで、左乳がんの診断を受け、乳房温存療法+センチネルリンパ節生検、翌年1月より、抗がん剤治療を6クール受けた。今後、放射線療法とホルモン療法の予定。夫と2人暮らし。結婚した娘が2人いる。診断時は無職。

詳しいプロフィールを見る

1回目ていうのは、何か本当にびっくりするぐらい自分の体に効くというか、体重は、3日で7キロぐらいやせたというか。本当に何かげそっとしちゃって。吐き気も、帰ってきてからなんだけど、もう結構あったというのと。それとまあ、吐き気のほうは、かなり吐いたけど、私の場合は、昔、何ていうのか、つわりがひどかったから、吐き気はつわりよりは楽だった。その1回目はすごい吐き気と体重の減少と、それから体も何かどす黒くなったというか、一気に色が変わって、何か、目も何か真っ黒になってるみたいな。もうとにかく何かちょっと普通じゃない。だから、そういうのは、何ていうのかな、抗がん剤を受けるまでは元気はつらつとしていた人間が、もう何か、変な話、ムンクの「叫び」みたいなようなのに変わってしまうというその激しさに、自分がちょっとびっくりして、ちょっとつらかったけれども、まあ、「これが抗がん剤なんだ」っていう、うん。それを受け止めて、そして、まあ、自分の中で、「悪い細胞を殺してて再生しているんだ」っていうことで、まあ、「これは自分の、その、再生なんだ」っていう受け止め方で、少しは気が楽になったという。とにかく「新しい自分に生まれ変わるために、今すごい変な格好しているんだ」っていうふうに受け止めて。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#11093 (17) { ["term_id"]=> int(26) ["name"]=> string(39) "抗がん剤・分子標的薬の治療" ["slug"]=> string(9) "kouganzai" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(26) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(10) ["count"]=> int(33) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "6" ["cat_ID"]=> int(26) ["category_count"]=> int(33) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(39) "抗がん剤・分子標的薬の治療" ["category_nicename"]=> string(9) "kouganzai" ["category_parent"]=> int(10) } }
同じテーマの語りを見る