インタビュー内容テキスト

1回目ていうのは、何か本当にびっくりするぐらい自分の体に効くというか、体重は、3日で7キロぐらいやせたというか。本当に何かげそっとしちゃって。吐き気も、帰ってきてからなんだけど、もう結構あったというのと。それとまあ、吐き気のほうは、かなり吐いたけど、私の場合は、昔、何ていうのか、つわりがひどかったから、吐き気はつわりよりは楽だった。その1回目はすごい吐き気と体重の減少と、それから体も何かどす黒くなったというか、一気に色が変わって、何か、目も何か真っ黒になってるみたいな。もうとにかく何かちょっと普通じゃない。だから、そういうのは、何ていうのかな、抗がん剤を受けるまでは元気はつらつとしていた人間が、もう何か、変な話、ムンクの「叫び」みたいなようなのに変わってしまうというその激しさに、自分がちょっとびっくりして、ちょっとつらかったけれども、まあ、「これが抗がん剤なんだ」っていう、うん。それを受け止めて、そして、まあ、自分の中で、「悪い細胞を殺してて再生しているんだ」っていうことで、まあ、「これは自分の、その、再生なんだ」っていう受け止め方で、少しは気が楽になったという。とにかく「新しい自分に生まれ変わるために、今すごい変な格好しているんだ」っていうふうに受け止めて。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言