※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:55歳
インタビュー時:55歳(2008年5月)

東海地方在住。2007年11月に健康診断がきっかけで、左乳がんの診断を受け、乳房温存療法+センチネルリンパ節生検、翌年1月より、抗がん剤治療を6クール受けた。今後、放射線療法とホルモン療法の予定。夫と2人暮らし。結婚した娘が2人いる。診断時は無職。

私の場合は味覚が、臭覚のほうというか臭いは、1回目、2回目ぐらいでそんなに、もう普通に戻ったんですけども、今度は、3回目ぐらいから食べるとと味が分からなくなってきて。で、分からないだけならいいんだけど、苦みがある。だって、味噌汁なんかは全くもう泥水を飲んどるような感じ。味がないだけならいいんだけど、もうまずい。で、ほとんど、甘いものは分かるんだけど、でも、まだ、最初のころは、ウリがおいしいだとかメロンがおいしいと言ってたんだけど、今はちょっとメロンもウリもあんまりおいしくないっていう感じ。
というか、今は最終に来た段階で、全然味が分からない。時々、唐辛子というか、辛さは、コショウの味はね、コショウだけ、「コショウ?」というふうで分かる。うん、そういうふうに部分的に分かるものもあるんだけど、もうほとんど分からない。で、お刺身は、もうほんとに味気のない。で、お肉も、もう高いお肉を食べてもちっともおいしくない。味がないというか。それだもんで、今はもう。まだ、4回目ぐらいはご飯はまだおいしかったんだけど、今、ご飯もあまりおいしくない。まあ、先生は、その、抗がん剤が終われば戻ってくるからって言われているんですけど、何か今、気晴らしというのが、できないから、外へ出ていくと、白血球が下がってるから、病気拾うからあんまり外へ出ないようにて言われてるし、じゃ、食べようかっていっても食べてもおいしくないし。かといって、随分やせていくならいいんだけど、お腹は空くから、何かは食べるのね。だから、やせはしない。うん、ちょっとそれが矛盾してるんですけど、とにかくお腹は空くんだけど、食べたいものもいっぱい頭には描いて、で、買ってきて食べてみるとがっくりするというか。で、あとは、何ていうか、食感がいいのはおいしく感じるような気もするもんで、食感のいいものを食べてるっていうか。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧