※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:55歳
インタビュー時:55歳(2008年5月)

東海地方在住。2007年11月に健康診断がきっかけで、左乳がんの診断を受け、乳房温存療法+センチネルリンパ節生検、翌年1月より、抗がん剤治療を6クール受けた。今後、放射線療法とホルモン療法の予定。夫と2人暮らし。結婚した娘が2人いる。診断時は無職。

健康診断を受けようと思ったのは、まあ主人がいろいろ希望があって、第二の就職をしたんですよね。その第二の就職先の健康診断が、今までの市の健康診断よりも内容が良かったということと、主人の前の会社は、会社の方の病院とか近くのほうまで行かなきゃいけなかったもので、なかなかそういう所に行く気が起こらなくって、で、まあ、市の健康診断はたまに受けてたというか、2年に1回とか。でも、ただ、そういう乳がんの健康診断というのはなかったから、たまたま今回、新しい職場の健康診断では、腹部のエコー、それから、乳がんのほうのマンモグラフィとかそういうのがあるということがわかって、ちょっと興味があって、乳がんの方よりも腹部のエコーが私は受けたくて、ついでに乳がんも受けたという形なんですけどね。で、まあ、自分自身は、まったく乳がんのことは頭になくって、もう、もともと胸がないもんで、乳がんの人というのは、胸がでっかくて、こう何というのかな? やっぱり、お乳がなくなることにすごく嫌だと思うような人がなるような病気、というふうな何となくイメージを持ってて、私のような、貧乳は関係ないっていうふうなそういうぐらいの気持ちでいたんです。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧