インタビュー内容テキスト

漢方は、あの、えー、本当に、駅の近くにある漢方屋さんなんですけれども、中国の方で、症状をこう説明するといろんなのを混ぜてくださって調合してくださるので、自分にしかない漢方でとても頼りになるんですね。以前、あの、病院から漢方がいいよって言って、ツムラから出されている番号の付いた、漢方を処方してもらったことあるんですけれども、あんまりこう、私もあんまりこう継続するのが苦手なタイプですし、効果があまり出なかったので、やめてしまった経緯があって。でも、そちらのだと本当にそのときの症状で調合してくださるので、「何々を多く入れておいたよとか、えっと、今回は、じゃあ、あの、お腹の張りが気になるから、じゃあ、もっともっと血液が、全身に行くようにしましょう。めぐりが良くなるものにしましょう」とか、「便秘がちだったら少しそれに効くものを入れましょう」とか、「ちょっとにおいのきつい、防風通聖散とかそっちを多く入れましょう」とか。で、「頭痛に関してもやっぱりストレスが強いのよ」って、そうしたらなんか頭痛を緩和するようなものを調合してくれたりとかして、自分に合ったものを混ぜてくださるので。

あと、まあそうですね、回数はその症状に合わせて、ひどいときには1日3回飲みますし、軽いときには1日1回飲みます。なので、自分の症状に合わせて飲めますので、漢方はとても続けていましたら効果が出ましたので、ちょっと試してみるといいかなって、自分でももう少し続けたいなというふうに思っています。はい。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言