※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー12

インタビュー時:69歳(2015年6月)、疼痛期間:15年以上、診断名:腰椎すべり症
首都圏在住の女性。15年ほど前に受けた腰痛の特殊な治療がきっかけとなって、転げ回るような激痛に苦しむようになる。鎮痛剤やブロック注射など様々な治療法を試したが効果は得られず、5年ほど前から腰痛の治療は一切受けていない。痛みは最悪のときから1割ほどしか減っていないが、「年単位で軽減する」という医師の言葉を信じ、痛みをありのままに受け入れて日常生活を送っている。

詳しいプロフィールを見る

それで(平成18年に)、えー、まあ、あるところに、えー、痛み専門の病院があるっていうことを聞きまして、そこへ無理くり診察を頼みまして。

――プログラムって、どんなことをなさったんですか。

そこでですわね、えー、全く治療はないんです。で、行きますと、まず、今日はちょっと体を動かしましょうかっていうことで、いわゆる理学療法士の方と、その、卓球を2、30分やる。それからちょっとその、重いリュックサックを背負って、病院が広いんですけども、病院の周りを20分ぐらい歩く。それから階段を上下する。それからあとこう、ちょっと心理テストみたいのを。えー、大体そういうことでした。……あの病院の、まあ、プログラム。

――どのぐらいの頻度で行かれるんです?

そうですね。週に2回ぐらいでした。

――でも、やっぱり効果は?

ないんです。…でも、その激痛の当時は杖ついて歩いてましたから。杖ついて。今は杖なくして歩けるようになりましたし。まあ、年単位でしか良くならないっていうことを先生はおっしゃっておられましたから。まあ普通に…、自分の足でちょっと出かけられて、自分、家族と自分のために体が動けて、それでまあ、いいのかなと、はい、思ってるんですけれども。まあ、でも、頭の、隅、隅で、なくなればいいんだなと思うんですね、いつもね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12127 (17) { ["term_id"]=> int(95) ["name"]=> string(72) "集学的治療:痛みへの多方面からの専門的アプローチ" ["slug"]=> string(7) "syugaku" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(95) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(22) ["count"]=> int(7) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "5" ["cat_ID"]=> int(95) ["category_count"]=> int(7) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(72) "集学的治療:痛みへの多方面からの専門的アプローチ" ["category_nicename"]=> string(7) "syugaku" ["category_parent"]=> int(22) } }
同じテーマの語りを見る