※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

インタビュー時:69歳(2015年6月)
疼痛期間:15年以上
診断名:腰椎すべり症

首都圏在住の女性。15年ほど前に受けた腰痛の特殊な治療がきっかけとなって、転げ回るような激痛に苦しむようになる。鎮痛剤やブロック注射など様々な治療法を試したが効果は得られず、5年ほど前から腰痛の治療は一切受けていない。痛みは最悪のときから1割ほどしか減っていないが、「年単位で軽減する」という医師の言葉を信じ、痛みをありのままに受け入れて日常生活を送っている。

やはりあまりの痛さで寝られなくなって。だから、(近くの開業医の)先生に、こうこう、こうだって申し上げましたら、「死んだらだめだからね」って、一言、言われたんです。そのときはもう逝っちゃおうかなと思ってたんですけど、たまたまその、まあ女性の年配のお医者さんだったんですけど、そう言われたんです。「死んだらだめよ」。どうもわかってたのか、わかんないですけど。はい。

―― ご自身は、死ぬなんて言葉は口には全くされてなかった。

そうですね、やっぱりね。死んじゃだめなんだと、はい。それは、もう家族には一言も言ってませんですけどもね、そういうことは。はい。

―― そういうふうになるまでに、その、七転八倒して、本当に命を絶ちたいというぐらいの本当に苦しいっていうところから、今の思いに至るまでっていうのは何があった? 何があって、それができたのか。というと、やっぱりその先生に出会ったこととかも影響してますか。それとも、もうそれとは、それは大したことがなくて、むしろ自分の中での時間とか。

だから、自分とやっぱりその、家族に対しての責任感。責任感だよね、やはり。主人はいませんし。ですから、子どもは、まだ若かったですから、主人が亡くなったときにね。ですから、やはり責任感ですね。そんな大したことできないですけども。これで父もなく母もいなくなったら、やっぱり自分で責任放棄したっていうことになると思うんですね。はい。それだったのかもわからないですね。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧