※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

インタビュー時:69歳(2015年6月)
疼痛期間:15年以上
診断名:腰椎すべり症

首都圏在住の女性。15年ほど前に受けた腰痛の特殊な治療がきっかけとなって、転げ回るような激痛に苦しむようになる。鎮痛剤やブロック注射など様々な治療法を試したが効果は得られず、5年ほど前から腰痛の治療は一切受けていない。痛みは最悪のときから1割ほどしか減っていないが、「年単位で軽減する」という医師の言葉を信じ、痛みをありのままに受け入れて日常生活を送っている。

―― 今、痛みがすごくあってつらいときに、何かこう意識的に、その、た、耐えるために何か意識的にやってることっていうのはあるんですか。

これがですね、日常に、なってきてますんですよね。ですから、これを抑えるために何かっていうことは、特にないんですね。はい。ですから、いわゆるその、この(病院でもらったモットーのリストの)2番目になるかもわかんないけども、逃げちゃだめだということで、痛いのは痛いんで、しようがないんだっていう、その思いは、あるんですね。いろんな手を打っても、無駄だったということで。もう本当に……、そのあきらめともまた違うということも、よくこう言われるんですけども。まあ、逃げないっていうんですかね。ま、痛みは痛みとしてもう受け入れるってことですかね、今は。

―― でも、何で私だけがというようなね、こんな目に遭うのかとか、そういうふうな思いは持たれないですか。

いや、最初は持ちましたよ。うん。でも、これも受け入れるしかないな。はい。 痛いけど、ありのままに受け入れることですよね。痛いのは痛いなりに。何も治療方法がなかったら受け入れるしかない、と思うんですね。はい。うーん。じゃないかなあと思うんですよね。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧