インタビュー内容テキスト

痛みと今度うまくつき合っていくためには、その痛みの変化をしっかり把握する。自分が把握する必要があるっていうことで、毎日、その、どうかしたら朝昼晩って、またその天気の変化によって痛みが(変化する)というのを全部付けなくちゃいけなかったりというようなことも、医療の中ではあるんですけれど。それも一時的には、それはやってみるのもありなのかもしれないんですけど、私の研究からするとですね(笑)、ちょっと適切ではないのかなっていうのがあるんですね。だから、そこをすると、もう痛みから結局離れられないんですね、逆に。いつも視点が、「あ、今痛い」とか「あ、こうしたら今痛い」とかしてると、今度そうする前から、「あ、これをするイコール、痛みが来るよな」とか。よくあるのは、「天気が悪くなる前とかは痛いでしょう」とかなんかいうふうになると、「天気が悪くなりますよ」っていう天気予報を聞いただけで、体がもう反応してしまうっていう状況が生まれてしまうので、効果的ではないかなと思うんですね。
なので、そういったことも含めて、その病気や痛みとうまくつき合うっていうことではなくて、そういうこともある、その痛みはある、病気はあるけど、じゃあ、自分はどういうふうに生きていけたらうれしいのかとか、自分がどういう人生を過ごせたら満足なのかとか、そういったことを私の中でずっともう、それこそ本当に何年もかけながら問い続ける中で、ああ、こういうことをすると私はちょっと楽に過ごせるかなとか、こういうことをすると楽しいなとか。で、そこからそれをすることによって実際痛みを忘れられたりとか、痛みがあっても充実感を味わうことができたり、満足感を味わうことができたりっていうことで生きていくことができるようになったのかなと思ってます。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言