インタビュー内容テキスト

こういう状況だったので、初めて田舎にいる両親に電話で、「こういう状況だから、実はもう、つえ歩行なんだよ」と、伝えたら、「田舎に帰って来い」と。当然ですよね。うん。親の気持ちもわかったんですけれども、その田舎には線維筋痛症の専門医がいなかったんです(笑)。帰りたいのに帰れないみたいな。うん。「もう治療をあきらめて、帰りな――帰ってきなさい」とまで言われました。もう放っとけなかったんでしょうね、親としては。うん。でも、最後の可能性、信じてやりたいと。本当に申し訳なかったんですけれども。お金ももう底をついてしまい。治療費は。自分の貯蓄も、もうゼロになってしまい。親から、仕送りを受けながら、何とか治療を受けてました。

―― 月々、その痛みの治療に。どのぐらいお金かかるものなんですか。

うーん、どうなんでしょう。一番…多いときで、月…、計算したことはないんですけれども……、月で…、考えたことはないんですけれども、おそらく、年間で確定申告をしたことがあって、そのときに幾ら、治療費だけで……、140~150万、1年間でかかって確定申告をした――あ、しました。はい。なので、交通費とかも合わせると、もっとかかってると思います。はい。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言