※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー09

インタビュー時:44歳(2015年6月)疼痛期間:5年 診断名:線維筋痛症
関東在住の女性。看護師。 2010年夏に全身に強い痛みが発作的に出るようになった。線維筋痛症と診断されるまで半年もかかり、治療を開始したが効果がなく医師にさじを投げられた。その間、痛みのために退職し、自宅に閉じこもる生活を送っていた。しかし、同病者のブログをきっかけに海外の治療などを調べ、現在のペインクリニックの医師や漢方医にたどり着き、2か月ほどで徐々に痛みはよくなった。現在は、痛みをコントロールしながら、学業と仕事を両立する生活を送っている。

詳しいプロフィールを見る

もうとても我慢ができないぐらいの痛みが続いて、仕事や日常生活にも支障を来すようになったのは2010年の夏ごろ…です。もう仕事、助産師として働いていたんですけれども、仕事終わったらもうぐったりして、もう職場の更衣室で立てなくなる…ぐらいで。すぐに家に帰ることもできず、病院の受付のソファーにずっと2時間も3時間も……、こう、ずっと座って耐えてるのが勤務のたびにありました。おかしいなと思ったので、普通の整形外科に行って内服薬をもらったり。それでも効かなかったので、あとはペインコントロール…を行う、えっと、病院にも行って、それでも治まらずどうしたものかってもう、そのときはもう本当に痛みで、寝れないぐらい。もう体に布団を掛けても、その重みで痛いっていうようなことが続き…、ずっと不眠が続いてイライラして、家族や職場の方にも、こう、八つ当たりするような(笑)、精神的にも、もう限界のような日が続き……、そのうちペインコントロールのペインクリニックの先生に、「もしかしたら線維筋痛症じゃないか」と、こう、指摘を受けました。

……初めて診断下されて(涙声)、あの、でも、その当時リリカ(一般名:プレガバリン)というお薬しか日本で認可されてなく、全く効かず……、その半年ぐらい、そのリリカを飲み続けてたんですけれども、全く効かず。そのうちリウマチにも罹ってしまい、ダブルパンチで…、物も持てなくなり…、杖歩行になりました。……階段から、階段降りるときも、手すりにもつかまってるのに足元がふらついて……、転げ落ちて、頭を打って、気を失って、目覚めたときにもうその場に泣き崩れてしまい、「私、一体どうなるんだろう?」って、ずっと思って(涙声)。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12188 (17) { ["term_id"]=> int(85) ["name"]=> string(58) "薬物療法1:痛みの慢性化の経過と薬の種類" ["slug"]=> string(6) "kusuri" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(85) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(22) ["count"]=> int(17) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "0" ["cat_ID"]=> int(85) ["category_count"]=> int(17) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(58) "薬物療法1:痛みの慢性化の経過と薬の種類" ["category_nicename"]=> string(6) "kusuri" ["category_parent"]=> int(22) } }
同じテーマの語りを見る