※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー09

インタビュー時:44歳(2015年6月)疼痛期間:5年 診断名:線維筋痛症
関東在住の女性。看護師。 2010年夏に全身に強い痛みが発作的に出るようになった。線維筋痛症と診断されるまで半年もかかり、治療を開始したが効果がなく医師にさじを投げられた。その間、痛みのために退職し、自宅に閉じこもる生活を送っていた。しかし、同病者のブログをきっかけに海外の治療などを調べ、現在のペインクリニックの医師や漢方医にたどり着き、2か月ほどで徐々に痛みはよくなった。現在は、痛みをコントロールしながら、学業と仕事を両立する生活を送っている。

詳しいプロフィールを見る

その ときはもう本当に痛みで、寝れないぐらい。もう体に布団を掛けても、その重みで痛いっていうようなことが続き…、ずっと不眠が続いてイライラして、家族や職場の方にも、こう、八つ当たりするような(笑)、精神的にも、もう限界のような日が続き……、そのうちペインコントロールのペインクリニックの先生に、「もしかしたら線維筋痛症じゃないか」と、こう、指摘を受けました。

もうとにかく布団の重みですらも痛みを感じて。布団、寒いのに、寒い冬場でも布団を掛けることもできなかった。そういう痛みです。

―― その痛みっていうのは、どのくらい続くような感じなんですか。

どのぐらい…、測ったことはないんですけれども。…うーん、もうひっどいときは半日ぐらい続いて……。
ずーっと続いて。そのときはもう、本当に一番痛みがひどかったときは、歩くこともつらかったです。何日だっただろうか。丸1日続くってことはないんですけども、半日以上続いてたのを覚えています。1回もう発作が起こったら、1日の半分はもう潰れてしまうような、ずっと寝たきりが続いてたような気がします。
ずっとベッドにいて、そこでいろいろ、物事をやってたような気がします。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12188 (17) { ["term_id"]=> int(45) ["name"]=> string(78) "日常生活への影響と対処:食事、睡眠・休息、身だしなみ" ["slug"]=> string(8) "seikatsu" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(45) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(23) ["count"]=> int(16) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "0" ["cat_ID"]=> int(45) ["category_count"]=> int(16) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(78) "日常生活への影響と対処:食事、睡眠・休息、身だしなみ" ["category_nicename"]=> string(8) "seikatsu" ["category_parent"]=> int(23) } }
同じテーマの語りを見る