楽しみ・余暇の過ごし方

痛みによって、以前と同じ趣味や余暇の過ごし方ができなくなったという方もいましたが、それでも痛みが、ある程度コントロールされるようになると、自分なりに新たな楽しみを見出している方も多く、その楽しみが痛みの軽減にもつながっているようでした。ここでは、慢性の痛みをもつ方々が、痛みを抱えながらもどのように楽しみを見つけ、余暇を過ごしているのかについてご紹介します。

余暇の過ごし方が変わった

痛みによって、今まで続けていた趣味が続けられなくなったり、趣味を持ちたくても通院やリハビリなどに時間をとられてしまうと話す人たちがいました。

自分の好きなことを大切にする

自分が好きなタレントが出演するテレビ番組や映画を楽しみに過ごしたり、川柳、読書など以前から好きで続けていた趣味を大切にして気分転換をはかっている、痛みが出る前には思いつかなかったような小さなことに楽しみを見つけて、今を生きていると語った方がいました。

痛みにより他人と関わることが少なくなったという語りが多い中で、むしろ人とかかわり、おしゃべりに集中することで痛みを忘れるという方もいました。また孫の誕生をきっかけに、孫の成長や関わりを楽しみにしているという方もいました。

集中できることをさがす

音楽を聴いたり絵を描いたり、自分が集中できることをさがし、集中することで楽しみながら痛みを忘れる時間を過ごしたり、そのまま眠ることができるという方もいました。

新しいことに挑戦する

今までの自分の趣味を楽しむ方がいる一方で、痛みがありながらも、あえて、新しい趣味を見出したり、いままでの自分がしなかったことに挑戦している方もいました。

2018年7月公開