インタビュー内容テキスト

――どなたかと、そのご自身の病気のことについて、何かお話になった、その娘さんたち以外の方で、お話になった経験というのは、今まで。

ないです。

――あ、ないですね。じゃ……。

それで、すごく抵抗があって、もう別に開き直っちゃえば何でもないことなんでしょうけどね。でもね、それをやるとね、わたしでも、逆の立場でね、ああ、あの人は認知症なんだわって。そうすると頭からね、もうそういう目でみて、みちゃうとね、そうすると普通にやってらっしゃることも、何か、おかしくみえるんじゃないかなって、自分でそう思うもんですからね。だからね、やっぱり、めったにはそういうこと言わないほうがいいんじゃないかな、言わないほうがいいんじゃなくて、分かれば、まあ、それは病気ですからかまわないんですけどね。でも、全然知らない方には言いたくないなっていう感じはしますね。だから、身近でね、分かっている人は、まあ、そのうちだんだん分かってきますからね、あれでしょうけどね。でも、まだ、それは、自分からは言ったことないです。

――じゃ、あのー、自然の状況の中で、周りの人が理解してくれたらいいなっていうふうな感じでしょうか。

はい、そうですね。何これ、おかしいわって言われたらね、それは、もう、困るんですけどね。でも、まだ、今のところ、まあ、そんなこと言う方もいらっしゃらないでしょうけどね。でも、はっきりそういうふうに嫌な顔をされたりとか、何か、そういうことはあんまり今までのところ、今のところないからね、まあ、いいかな、自分から言わなくてもと思っているんですけどね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言