インタビュー内容テキスト

――何か、社会とか、あと、そうですね、あの、ま、認知症の方々に接する医療者とか、あとは、あの、そういう支援をする方々もいらっしゃると思うんですが、そういう方々に、何か、こう、伝えたいこととかっていうのありますか。

えー、今、特に、そういう方とお話ししたことないもんですからね、よく分かりませんけどね。うーん、でも、相手が認知症だっていうの、認知症にもいろいろありますからね、ぴんからきりまでね、そのー、あれが。だから、どういうふうにしたらいいかなっていうのは、私にはよく分かりませんけどね。ま、普通に接してくだされば、いちばん、ありがたいんですけどね。うーん、だから、忘れているから、ときどき、ちょっとおかしいわねなんて思われても、まあ、そこんとこら辺を、そことなく教えてくださる方があればね、一番ショックがなくていいかなとか思うんですけどね。本人は気が付かないで、多分、やったり言ったりしているんじゃないかなとか思うんですけどね。でも、今のところ娘からそんなに「おかしい」とか言って怒られたこともないから。ただ、「忘れる、忘れる」って、そればっかり言われていますからね。……。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言