※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー16

診断時:73歳
インタビュー時:76歳(2008年6月)
東海地方在住。2005年夏、健康診断でPSA検査の値がやや高かったので、精密検査を受けたところ、浸潤はないもののグリーソン・スコアが9の悪性度が高いがんと判明。手術を勧められるも、身体への侵襲と病院の対応への不安感からインターネットで情報を収集して転院。2006年4月から2ヵ月間入院してリニアックによる3次元原体照射治療を受けた。合併症もなく、2年経過した今もPSA値は0.1台で安定している。

詳しいプロフィールを見る

今から3年ぐらい前ですかね。当時、一般の健康診断のときに、オプションで前立腺がんの腫瘍マーカーの検査をやるっていうことが、ちょこちょことできるようになりましたですね。安いオプション料金で。で、それに一応乗っかって8月ごろ、検査を受けたんですよ。で、まあその結果が、グレーゾーンで。で、「精密検査を受けたほうがいいだろう」っていうふうに言われて、それでまあ、病院をそれから選び始めてということなんですが、自分自身で異常を感じるとか、もう全くありませんでしたね。もう毎日、元気に快適に生活してたんですよ。だから「腫瘍マーカーの数値がちょっと高いな」というふうに言われたときも、まあ、どうってことないだろうっていうぐらいの非常にこう軽い気持ちで受け止めて。それで病院を、それから探し始めたということですね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#11078 (17) { ["term_id"]=> int(69) ["name"]=> string(18) "PSA検査・検診" ["slug"]=> string(7) "kenshin" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(69) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(8) ["count"]=> int(22) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "1" ["cat_ID"]=> int(69) ["category_count"]=> int(22) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(18) "PSA検査・検診" ["category_nicename"]=> string(7) "kenshin" ["category_parent"]=> int(8) } }
同じテーマの語りを見る