※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー16

診断時:73歳
インタビュー時:76歳(2008年6月)
東海地方在住。2005年夏、健康診断でPSA検査の値がやや高かったので、精密検査を受けたところ、浸潤はないもののグリーソン・スコアが9の悪性度が高いがんと判明。手術を勧められるも、身体への侵襲と病院の対応への不安感からインターネットで情報を収集して転院。2006年4月から2ヵ月間入院してリニアックによる3次元原体照射治療を受けた。合併症もなく、2年経過した今もPSA値は0.1台で安定している。

詳しいプロフィールを見る

で、まあ、どういうことで病院を選んだのかなぁっていうこと、今でも、あのー、ちょっと思い出せないんですけれども、あの、まあ、大きい病院っていうのか、あのー、専門の先生のおみえになるような病院はいいだろうということだとか、それからなるだけ同じような病気の患者さんをたくさん診てみえるような病院がいいんじゃなかろうかなとか、それからもしかして私をいろいろと、また、あのー、後で申し上げますけれども、あの、いわゆる持病っていうものがいろいろとあるもんですから、だから、その病院で、ついでにっていっちゃなんですけども、あの、悪いところを診てもらえるような、いわゆる、まあ、総合病院的なものがいいだろうだとか。それから、あの、まあ、もしかして実際に、まあ、黒になって、それで入院だとか治療だっていうことになってくると、ある程度、長期の入院も覚悟しなきゃいけないだろうっていうことで、やはりある程度、その、快適性ですね、病院の。そういったものも、まあ、考えました。
で、実は私、若いころに痔の手術をしてたもんですから、排便に非常に難儀するんですよ。だもんだから、あのー、トイレについては、こうウォシュレットで、まあ、しかも、その、ドライ機能が付いたそういうものが欲しいなっていう、まあ、そういったようなこともやりました。それから、あのー、まあ、インターネットを非常にこう、あのー、常時使ってるもんですから、できたら接続環境があるような病院がないかなといったようなことですね。
だから、何が主要なのか、もっとこう、シリアスな状態が最初から分かってれば、あのー、もっとこう、そういう方面で探したかも分かんないですけれども、まだそういう通知を受けたときには、あのー、非常に元気で、もうぴんぴんしてたもんですからね、だから、そういったこうふざけたような面も、ある程度、考慮しながら、病院を選んで、で、病院にまあ行ったと、まあ、そういったことなんですよ。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#11077 (17) { ["term_id"]=> int(72) ["name"]=> string(24) "病院・医師の選択" ["slug"]=> string(7) "sentaku" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(72) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(8) ["count"]=> int(14) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "4" ["cat_ID"]=> int(72) ["category_count"]=> int(14) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(24) "病院・医師の選択" ["category_nicename"]=> string(7) "sentaku" ["category_parent"]=> int(8) } }
同じテーマの語りを見る